おすすめアプリ

AppleWatchでTwitterを快適にみる方法【Chirp】

僕は重度のツイ廃と言われるほどのTwitter愛用者です。

いかなる環境であれ、Twitterを開いてしまいます。

恐らく死ぬ直前までTwitterを見続けるだろうし、上司に詰められているときも怒られながらこっそりTwitterを見続けるような気がします。

そのため、身につけている全てのデバイスでTwitterを見れる環境が欲しい。
なんなら眼球にTwitterを埋め込みたいくらい。

そこで、なんとかいい方法がないか探した所、AppleWatchの「Chirp」というアプリがどうやら便利だったのでご紹介したいと思います。

Chirpとは

Chirp for Twitter

Chirp for Twitter
開発元:Will Bishop
無料
posted withアプリーチ

_

Chirpは簡単にいうとAppleWatch用のTwitterアプリです。

AppleWatchでTLを閲覧したり、リプを送ったり、通常のTwitterの用途と同じです。

このような感じでTLを見ることができます。

リプも確認できますし、相手のプロフィールも確認することができるので、地味ですけど便利です。地味ですけど。

あどまん
あどまん
このリプを送ってきたピスミンミンって方、とても可愛い妖精さんですね。愛おしいです。

課金すると使える機能が増える

無料版だとTLの閲覧のみですが、課金をするとツイートや返信、DMが出来たり、キーワード検索等の追加機能を堪能することができます。

使える機能

・ツイートする
・ツイートを返信
・ダイレクトメッセージ
・キーワード検索
・急上昇トレンドの確認
・コンプリケーション(手首を上げて、フォローしている全員の最新情報を入手できる)

あどまん
あどまん
370円、490円、610円のいずれかを支払うだけなのでいいですね。最近流行りのサブスクではなく、買い切りなので毎月支払う必要もないので安く済みます。

ユーザーネームの色も変更できる

また、250円でユーザーネームの色を変更することもできます。

なぜか120円で買うこともできるので、買ってみました。

こんな感じになるようです。

いる?!これ、いる!??!www

まぁでも、これも買い切りですし120円なんてジュース1本分程度って考えたら、、まぁね。

使ってみた感想

無くても困らないけど、あると便利。って感じです。

最近だと、転職の面接があったんですけど、そのときの待ち時間にスマホを出すのはちょっと気が引けるけど暇だったので、手元のAppleWatchでTwitterを閲覧していました。

実際、僕のライフスタイルではそこまで使う頻度は多くありませんが(そもそもスマホを使えないシーンがあまりない)、もしスマホを使えないシーンが多い人とかは結構使い道あるんじゃないですかね。

TLを閲覧するだけなら無料ですし、Twitter愛好者はインストールしていて損はありませんよ。