Binance

逆指値ができる取引所バイナンス(Binance)【指値・成行・ストップ注文の方法】

こんにちは、みけ(@mikean66)
です。

仮想通貨(暗号通貨)の海外取引所バイナンス(BINANCE)で、逆指値注文ができるので、早速試してみました!

指値・成り行き注文も、あわせて解説していきます(*’▽’*)♪
バイナンスへの登録がまだの方は、こちらの記事で解説しているので、ぜひどうぞ↓

あわせて読みたい
【初心者でも簡単】BINANCE(バイナンス)の登録方法と出金制限金額の解除初心者の方でも分かりやすいよう、画像付きで解説。海外取引所バイナンス(BINANCE)サイトは英語ですが、手順に従って登録すれば簡単です。登録方法・グーグル二段階認証(Google authentication)・出金制限金額の解除方法です。...
バイナンス公式サイト

指値注文・成行注文・逆指値注文

まず、指値注文、成行注文、逆指値注文(ストップ注文)について説明していきます。

指値注文とは

「指値注文」・・・この価格以下で買いたい、この価格以上で売りたいと注文を入れる方法です。(安くで買って、高くで売る、というのが一般的な考え方です。)

価格は変動しているので、通貨がこの価格まで下がったら買います!と注文を先に入れておく(板に注文を載せておく)ことができます。逆に、この価格になったら売ります!と注文を入れておきます。

成行注文とは

「成行注文」・・・現在の価格で売り買いの注文を出します。

安くなるのを待ってから買うのではなく、今すぐ購入したいときに使います。逆に、売りたいときも同様で、高くなるのを待たずに今すぐ売りたいときに使います。

出来高が増えて急激に価格が変動していて、今すぐ波に乗りたい(売買したい)ときなどにも、成行注文をします。

逆指値注文(ストップ注文)とは

「逆指値注文」・・・この価格以上で買いたい、この価格以下で売りたいと、注文を入れる方法です。(指値注文とは反対です。)ストップ注文、ストップ指値、ストップリミットなどと呼ばれます。

どういうときに使うかというと、例えば、この価格以上になると、一気に価格が跳ね上がるだろうといういうときに買うための注文を入れてきます。

また、この価格以下になったら損切り(通貨を売る)しておかないと、というときに使います。

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)での注文方法

では実際、仮想通貨取引所バイナンスで注文する方法を、画像付きで解説します。英語で最初はわかりづらいですが、慣れると簡単です(´∀`*)

注文画面に行くために、まずチャートの画面を開きます。
BINANCE公式サイトはこちら

Basic(ベーシック)とAdvanced(アドバンス)がありますが、簡単に見たい人はBasic(おそらくこちらの方が軽い)、詳しく見たい人はAdvancedを選択します。

私は普段アドバンスを使っているので、こちらで解説していきますが、見た目が違うだけで注文の仕方は同じです。

バイナンスで指値注文(リミット注文)をする方法

バイナンスで指値注文(リミット注文)での購入方法を解説します。まず注文タブの中から「Limit」を選びます。左側に赤字で書いていますが、順番に、価格(Price)、数量(Amount)、合計額(Total)、購入(Buy)ボタンがあります。

「価格(Price)」

指値を入れる価格を入力します。上の板情報の価格をクリックすると自動的に数字が入力されます。板情報は、上側のピンクも文字が売り板下側の緑の文字が買い板で、それぞれの板の中間に大きく表示されているのが、直近で取引された価格です。

価格には直接数字を入力することもできます。

「数量(Amount)」

その通貨をどれだけの数量を買いたいのか、枚数を記入します。
すぐ下に「25%,50%,75%,100%」とあるので、通貨ペアとしてBTCの場合(画像の例)は、保有しているBTCの何%分を買うかクリックすると、買いたい通貨の枚数(画像ではETHの枚数)が自動的に入力されます。

「合計額(Total)」

最終的に購入額を確認します。

「購入(Buy)」

緑のBuyボタンを押せば、注文が受付されます(板情報に、自分の注文が表示されます)。

バイナンスで成行注文(マーケット注文)をする方法

バイナンスで成行注文(マーケット注文)での購入方法を解説します。まず注文タブの中から「Market」を選びます。左側に赤字で書いていますが、順番に、価格(Price)、数量(Amount)、購入(Buy)ボタンがあります。

「価格(Price)」

板情報が表示されていますがは、上側のピンクも文字が売り板下側の緑の文字が買い板で、それぞれの板の中間に大きく表示されているのが、直近で取引された価格です。

成行注文では、注文を入れた際の価格(直近で取引された、つまり現在の価格)で注文が入るので、入力は不要です。

「数量(Amount)」

その通貨をどれだけの数量を買いたいのか、枚数を記入します。
すぐ下に「25%,50%,75%,100%」とあるので、通貨ペアとしてBTCの場合(画像の例)は、保有しているBTCの何%分を買うかクリックすると、買いたい通貨の枚数(画像ではETHの枚数)が自動的に入力されます。

「購入(Buy)」

緑のBuyボタンを押せば、注文が受付されます(板情報に、自分の注文が表示されます)。


BINANCE公式サイトはこちら

バイナンスで逆指値注文(ストップリミット注文)をする方法

バイナンスで逆指値注文(ストップリミット注文)での売却方法を解説します。まず注文タブの中から「Stop-Limit」を選びます。左側に赤字で書いていますが、順番に、ストップ条件(Stop)、価格(Price)、数量(Amount)、合計額(Total)、売却(Sell)ボタンがあります。

「ストップ条件(Stop)/価格(Price)」

逆指値を入れる価格を入力します。上の板情報の価格をクリックすると自動的に数字が入力されます。板情報は、上側のピンクも文字が売り板下側の緑の文字が買い板で、それぞれの板の中間に大きく表示されているのが、直近で取引された価格です。

価格には直接数字を入力することもできます。

ストップ条件(Stop)には、いくら以下になったら売りたいかという金額を記入します。価格(Price)は、その条件の時にどの金額で売却注文を出すかです。損切りをする時などに使います。(例えば、ETHが0.083615BTCになったら、0.083610BTCで売却するという注文を出す。)

ストップ条件(Stop)と価格(Price)は同じ数字でも良いですが、その条件になったときに注文を出すため、注文を出した段階ですでにその注文金額より下がってしまって、売却できない可能性があります。価格変動は一瞬なので、ストップ条件(Stop)よりも価格(Price)を小さめに注文しておくことをオススメします。
「数量(Amount)」

その通貨をどれだけの数量を売りたいのか、枚数を記入します。
すぐ下に「25%,50%,75%,100%」とあるので、通貨ペアとしてBTCの場合(画像の例)は、保有しているBTCの何%分を買うかクリックすると、売りたい通貨の枚数(画像ではETHの枚数)が自動的に入力されます。

「合計額(Total)」

最終的に合計額を確認します。

「売却(Sell)」

緑のSellボタンを押せば、注文が受付されます(板情報に、自分の注文が表示されます)。

逆指値の売却方法を説明しましたが、購入に逆指値を使う場合は、左側のBuyの欄に数字を記入して、Buyボタンを押します。購入の場合は、いくら以上になったらという条件で、買いたいという注文を出します。

まとめ

以上が、Binanceでの指値注文・成行注文・逆指値注文の方法です。注文になれてしまえば、難しくありません。ぜひ実践してみたくださいね(*´∀`*)

ただし、逆指値注文は注文を間違ってしまうと、現在売り買いするつもりがないのにしてしまった、という危険性があるので、しっかり条件や価格を確認してから、ボタンを押すようにしましょう!
バイナンス公式サイト

みけ(ฅ^・ω・^ ฅ)



おすすめ記事

あわせて読みたい
初心者でも簡単!仮想通貨の買い方 ~取引所の板の見方~【売り板・買い板】とは?板情報の見方を、「絵」を使って具体的に説明!初心者でも簡単に理解できます。「売り板が厚い」とはどういう意味?売り(ASK)や買い(BID)とは?など、解説しています。仮想通貨取引所の売り板・書い板を読めるようになりますよ!...
あわせて読みたい
【初心者向け】仮想通貨のチャートの見方!売り時・買い時はいつ?タイミングを知ろう!どもども~~、みけ(@mikean66)です( •ω•ฅ) 以前、仮想通貨(暗号通貨)のチャートの見方(ダブルトップ、ダブルボトム...
あわせて読みたい
高騰中の通貨の利確はいつ?【初心者】でもできるトレード手法で利益を得る!どうもこんにちは。 寒い日は引きこもっていたい、みけ(@mikean66)です。 どんな通貨にでも言えることです...

仮想通貨取引所に登録してみよう!

 

今ならビットコイン3000円相当分をプレゼント!!!

BITPOINT公式サイト