逆指値ができる取引所バイナンス(Binance)【指値・成行・ストップ注文の方法】

みけ
バイナンスは逆指値ができる取引所!
購入・売却したい価格を指定できるのがいいね。

 

仮想通貨の海外取引所バイナンス(BINANCE)では、逆指値注文ができます。

初心者には少し難しく感じるかもしれませんが、画像付きでやり方を詳しく解説します!

指値・成り行き注文も、あわせて解説しているので、この記事を読めばバイナンスで売買ができるようになります(*'▽'*)♪

バイナンスへの登録がまだの方は、先に口座開設をすませましょう。

 

成行注文・指値注文・逆指値注文の違いとは

成行注文(マーケット注文)とは

「成行注文」・・・現在の価格で売り買いの注文を出します。

安くなるのを待ってから買うのではなく、今すぐ購入したいときに使います。逆に、売りたいときも同様で、高くなるのを待たずに今すぐ売りたいときに使います。

出来高が増えて急激に価格が変動していて、今すぐ波に乗りたい(売買したい)ときなどにも、成行注文をします。

 

指値注文(リミット注文)とは

「指値注文」・・・この価格以下で買いたい、この価格以上で売りたいと注文を入れる方法です。(安くで買って、高くで売る、というのが一般的な考え方です。)

価格は変動しているので、通貨がこの価格まで下がったら買います!と注文を先に入れておく(板に注文を載せておく)ことができます。

逆に、この価格になったら売ります!と注文を入れておきます。

 

板取引については、イラストで解説しているのでこちらの記事をどうぞ↓

 

逆指値注文(ストップ注文)とは

「逆指値注文」・・・この価格以上で買いたい、この価格以下で売りたいと、注文を入れる方法です。(指値注文とは反対です。)ストップ注文、ストップ指値、ストップリミットなどと呼ばれます。

どういうときに使うかというと、例えば、この価格以上になると、一気に価格が跳ね上がるだろうといういうときに買うための注文を入れてきます。

また、この価格以下になったら損切り(通貨を売る)しておかないと、というときに使います。

 

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)での注文方法

では実際、仮想通貨取引所バイナンス(Binance)で注文する方法を、画像付きで解説します。

スマホアプリを使った方法を説明していますが、アプリでもWebサイトでも操作は基本的に同じです。

今回はBTC/BNB、つまりビットコイン(BTC)建てのバイナンスコイン(BNB)の購入方法を説明します。

 

バイナンスで成行注文(マーケット注文)をする方法

バイナンス(Binance)で、成行注文(マーケット注文)でBNB/BTCを購入する方法を解説します。

まずアプリの下のタブから「トレード」を選びます。

注文タブの中から「Market Order」を選び、その下に順番に購入金額(市場価格)、数量(Amount)、割合(%)、通貨保有量、購入(Buy)ボタンがあります。

 

バイナンス(binance) 注文の仕方:成行注文(マーケット注文)

 

「購入金額(市場価格)」

右側に板情報が表示されていますが、上側が売り板下側が買い板で、それぞれの板の中間に大きく表示されているのが直近で取引された価格です。

成行(マーケット)注文では、注文を入れた際の価格(直近で取引された、つまり現在の価格)で注文が入るので、入力は不要です。

 

「数量(Amount)」

その通貨をどれだけの数量を買いたいのか、枚数を記入します。

すぐ下に「25%,50%,75%,100%」とあるので、通貨ペアとしてBTCの場合(画像の例)は、保有しているBTCの何%分を買うかクリックすると、買いたい通貨の枚数(画像ではETHの枚数)が自動的に入力されます。

 

通貨保有量

今回の解説はビットコイン(BTC)建てなので、BTC保有量が表示されます。

正式には使える量が表示されるので、BTCを別の注文で一部使用している場合は、その数量がひかれて注文で使える分のみが表示されます。

 

「購入(Buy)」

緑のBuyボタンを押せば、注文が受付されます(板情報に、自分の注文が表示されます)。

 

 

バイナンスで指値注文(リミット注文)をする方法

バイナンス(Binance)で、指値注文(リミット注文)でBNB/BTCを購入する方法を解説します。

まずアプリの下のタブから「トレード」を選びます。

注文タブの中から「Limit Order」を選ぶと、その下に順番に価格、数量(Amount)、割合(%)、購入金額(Total)、通貨保有量、購入(Buy)ボタンが表示されます。

バイナンス(binance) 注文の仕方:指値注文(リミット注文)

 

「価格」

右側に板情報が表示されていますが、上側が売り板下側が買い板で、それぞれの板の中間に大きく表示されているのが直近で取引された価格です。

指値(リミット)注文では、価格を直接入力することも、買い板の特定の金額をタップして金額を指定することも可能です。

 

「数量(Amount)」

その通貨をどれだけの数量を買いたいのか、枚数を記入します。

すぐ下に「25%,50%,75%,100%」とあるので、通貨ペアとしてBTCの場合(画像の例)は、保有しているBTCの何%分を買うかクリックすると、買いたい通貨の枚数(画像ではETHの枚数)が自動的に入力されます。

 

通貨保有量

今回の解説はビットコイン(BTC)建てなので、BTC保有量が表示されます。

正式には使える量が表示されるので、BTCを別の注文で一部使用している場合は、その数量がひかれて注文で使える分のみが表示されます。

 

「購入(Buy)」

緑のBuyボタンを押せば、注文が受付されます(板情報に、自分の注文が表示されます)。

 

バイナンスで逆指値注文(ストップリミット注文)をする方法

バイナンス(Binance)で、逆指値注文(ストップリミット注文)でBNB/BTCを購入する方法を解説します。

まずアプリの下のタブから「トレード」を選びます。

注文タブの中から「Stop-Limit」を選ぶと、その下に順番にストップ条件(Stop)、注文価格(Limit)、数量(Amount)、割合(%)、購入金額(Total)、通貨保有量、購入(Buy)ボタンが表示されます。

 

バイナンス(binance) 注文の仕方:逆指値注文(ストップリミット注文)

「ストップ条件(Stop)/注文価格(Limit)」

右側に板情報が表示されていますが、上側が売り板下側が買い板で、それぞれの板の中間に大きく表示されているのが直近で取引された価格です。

逆指値(ストップリミット)注文では、価格を直接入力することも、売り板の特定の金額をタップして金額を指定することも可能です。

 

ストップ条件(Stop)には、いくら以上になったら買いたいかという金額を記入します。価格(Limit)は、その条件の時にどの金額で購入注文を出すかです。

例えば、この価格よりは上がらないだろうと思っていて、逆にその価格を超えたら上がる!という時に逆指値注文を出します。

みけ
つまり、市場がこの価格(Stop)になったら、この価格(Limit)で注文を出すってことだね。

 

ストップ条件(Stop)と価格(Limit)は同じ数字でも良いですが、その条件になったときに注文を出すため、注文を出した段階ですでにその注文金額より上がってしまって、購入できない可能性があります。
価格変動は一瞬なので、ストップ条件(Stop)よりも価格(Limit)を大きめに注文しておくことをオススメします。 

 

「数量(Amount)」

その通貨をどれだけの数量を買いたいのか、枚数を記入します。

すぐ下に「25%,50%,75%,100%」とあるので、通貨ペアとしてBTCの場合(画像の例)は、保有しているBTCの何%分を買うかクリックすると、買いたい通貨の枚数(画像ではETHの枚数)が自動的に入力されます。

 

通貨保有量

今回の解説はビットコイン(BTC)建てなので、BTC保有量が表示されます。

正式には使える量が表示されるので、BTCを別の注文で一部使用している場合は、その数量がひかれて注文で使える分のみが表示されます。

 

「購入(Buy)」

緑のBuyボタンを押せば、注文が受付されます(板情報に、自分の注文が表示されます)。

 

まとめ

バイナンス(Binance)での成行注文・指値注文・逆指値注文の方法です。

注文になれてしまえば、難しくないのでぜひ実践してみたくださいね(*´∀`*)

注文を間違ってしまうと損失を被る危険性があるので、しっかり条件や価格を確認してからボタンを押すようにしましょう!

 

みけ
この記事は、みけ(@mikemama222)が書きました。ツイッターもフォローしてね!


おすすめ記事


スポンサーリンク