ハードウォレットLedgerNanoS

レジャーナノS(LedgerNanoS)にビットコインBTCを入金する方法|ウォレット作成と入金手順

レジャーナノS(LedgerNanoS)にビットコインBTCを入金する方法|ウォレット作成と入金手順

仮想通貨を保管しておくためのハードウェアウォレット「レジャーナノS(Ledger Nano S)」について解説します。

管理アプリのレジャーライブ(Ledger Live)とデバイス端末の両方を操作するので、わかりづらいですよね(;´・ω・)大事な通貨をちゃんと送金できるかも不安だと思います。

なので、ビットコイン(BTC)ウォレット作成からレジャーナノSへの入金までを画像付きで解説しました!

ハードウェアウォレット【レジャーナノS/Leger Nano S】とは

ハードウェアウォレットとは、外付けの仮想通貨ウォレットのことです。ネットワークから切り離されたデバイスに保存するので、安全に仮想通貨を管理できます。

レジャーナノS(LegerNanoS)はLedger社が提供するハードウェアウォレットです。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XPR)、ビットコインキャッシュ(BCH)を始め、1100種類以上の仮想通貨に対応しています。

作業がスムーズにできるコツ

レジャーナノS(Ledger Nano S)を操作するのは、はじめは結構分かりづらいです・・・(-ω-;)

なので、作業がスムーズにいくように基本的な動作を先にお伝えします。

  1. PCでレジャーライブ(管理アプリ)を立ち上げます。
  2. レジャーライブにてウォレットの作成や通貨の送受金を行います
  3. そのあとレジャーライブはクルクルと待ち状態になります
  4. 次にレジャーナノSデバイスを手で直接操作して該当通貨を選びます(通貨の選択画面ではない場合はBackで戻ります)
  5. そうするとレジャーナノSデバイスレジャーライブが同期されて操作が実行されます

管理アプリのレジャーライブを操作していて次に進まなかったら、デバイス端末側でも同期や認証が必要と思っていただくよ良いです。

一応この手順を頭に入れておくと、動かない、同期しない!という時の解決策になると思います(/・ω・)/

ビットコインBTC入金のためにLedger Liveでウォレットを作成

ビットコイン(BTC)をレジャーナノS(LedgerNanoS)に入金するには、まずPC上からLedger Liveでビットコインウォレットを作成します。

Ledger Liveのアプリを起動してパスワードを入力し、レジャーナノSのデバイスをUSBケーブルでPCに接続して、デバイスにPINコードを入力します。

レジャーナノS(LedgerNanoS) レジャーライブ(Ledger Live)へのログイン レジャーナノS(LedgerNanoS) レジャーライブ(Ledger Live)へのログイン

 

次に、デバイスの接続許可を要求されるので、レジャーナノSのデバイスの右のボタンを押して許可します。

レジャーナノS(LedgerNanoS) レジャーライブ(Ledger Live)へのログイン レジャーナノS(LedgerNanoS) レジャーライブ(Ledger Live)へのログイン

 

レジャーナノSのデバイスが接続できたら、Ledger Liveの「Manager」からビットコインの「Install」をクリックします。

レジャーナノS(LedgerNanoS)にビットコインBTCを入金する方法|レジャーライブ(Ledger Live)でのウォレット作成

インストールが終わるとウォレット作成に移るので、「Bitcoin」を選択し、「Continue」をクリックします。

レジャーナノS(LedgerNanoS)にビットコインBTCを入金する方法|レジャーライブ(Ledger Live)でのウォレット作成

Leger Nano Sデバイスとの同期画面になるので、デバイスでビットコイン(BTC)のマークを選んで左右のボタンを同時に押します。

レジャーナノS(LedgerNanoS)にビットコインBTCを入金する方法|レジャーライブ(Ledger Live)でのウォレット作成 レジャーナノS(LedgerNanoS)にビットコインBTCを入金する方法|レジャーライブ(Ledger Live)でのウォレット作成

同期が終わったら、「Continue」を押し、ビットコインのアカウント作成になるのでチェックを入れます。

レジャーナノS(LedgerNanoS)にビットコインBTCを入金する方法|レジャーライブ(Ledger Live)でのウォレット作成

名前を付けたら「Add account」をクリックし、アカウントが作成されます。

レジャーナノS(LedgerNanoS)にビットコインBTCを入金する方法|レジャーライブ(Ledger Live)でのウォレット作成

一台のLegerNanoSに対して、ひとつの通貨に複数のアカウントが作成できます。

例えば、「Bitcoin Mike-1」「Bitcoin Mike-2」のように複数作成することができ、またアドレスをそれぞれ別のアドレスを持ちます。

 

ビットコインBTCの入金する方法

実際に外部ウォレットから、レジャーナノS(ledger Nano S)にビットコイン(BTC)を入金するには、以下の操作が必要です。

  1. 入金先(レジャーナノS)のアドレスをコピーする
  2. 送金元(外部ウォレット)に入金先アドレスを張り付ける

レジャーナノSのビットコイン(BTC)アドレスをコピーする

Ledger Liveの「Receive」を選び、ウォレットの中から入金するビットコインのアカウントを選びます。

レジャーナノS(LedgerNanoS)にビットコインBTCを入金する方法

USBで接続したLedger Nano SデバイスにPINコードを入れて認証を行い、ビットコインを選択したらデバイスの左右のボタンを同時に押して決定します。

レジャーナノS(LedgerNanoS)にビットコインBTCを入金する方法レジャーナノS(LedgerNanoS)にビットコインBTCを入金する方法

Ledger Liveで右下の「Continue」をクリックします。

レジャーナノS(LedgerNanoS)にビットコインBTCを入金する方法

次に「Continue」をクリックするとビットコイン(BTC)の入金アドレスをコピーします。

デバイスでも同じ入金アドレスが表示されているのを確認したら右ボタンをクリックします。

レジャーナノS(LedgerNanoS)にビットコインBTCを入金する方法

外部ウォレットを立ち上げてコピーしたアドレスを送金先に貼り付ける

送金元の外部ウォレットを立ち上げ、さきほどコピーしたビットコイン(BTC)のアドレスを送金先アドレスに貼り付ける。

送金作業が完了すると、数分~数日後にレジャーナノS(Leger Nano S)にビットコインが着金します。

まとめ

レジャーナノSの入金も慣れてしまえば簡単です。

取引所などに保管しているのはハッキングなどのリスクもあり危険なので、ハードウェアウォレットに管理することをおすすめします。

自分の資産は自分で守る!これが仮想通貨投資では大事なことですね。

 

みけ
みけ
この記事は、みけ(@mikean66)が書きました!Twitterもフォローしてね♪