ライフハック&アプリ

無駄な飲み会に参加すべきでない理由を平凡サラリーマンが説く

 

社会人になると飲み会が増えますよね。

大学生の頃も飲み会はありましたが、ここでいう飲み会は「行きたくない飲み会の頻度が増えた」という意味です。

僕も行きたくない飲み会が増えました。

増えた理由は

  • 会社の先輩や同僚に誘われて
  • 高校や大学のとき仲良かった友達に誘われて
  • 仕事でストレスが溜まっている人が多いから

このような会社の先輩や同期に誘われるパターンが一番ですよね。あとは高校や大学の友達に誘われることもあります。

当時仲良かったものの、社会人になって環境が変わるとあまり話すことがなく、仕事の愚痴や、ゲームで負けたら不味いテキーラを飲まされる質の悪い飲みが多いので行かなくなりました。

これらの行きたくない飲み会に行くのを辞めただけで、人生の充実度が一気に上がったように感じます。

行きたくない飲み会は拒否してOK

正直、「行きたくない飲み会には行く必要がない」です。

人はなぜ、行きたくない飲み会に足を運ぶのかを考えたとき

  • 仕事の付き合い
  • 人間関係悪くなりそうだから
  • 飲み会に誘われなくなるから
  • なんだか断りにくいから
  • これらの理由が挙げられるのではないでしょうか。

会社の付き合いと言っても、クライアントさんとの飲み会は行く必要だと思っています。なぜならそれをすれば、今後のビジネスが円滑に進むからです。

あと、あまり納得はしていませんが、新年会、忘年会などの節目での飲み会も組織で動いている以上行った方がいいかなと思っています。

それ以外の日常的に発生する「行きたくない飲み会」には必ずしも参加する必要はありませんし、断ってもなんら問題ないと考えています。

飲み会に行かない&行くべきでない理由

ここからは僕が飲み会に行かない理由及び行くべきではない理由を説明していきたいと思います。自論にはなりますが、少しでも読者の方々のなにかきっかけになれれば幸いです。

時間の無駄だから

まずはこれです。時間の無駄だから。

行きたくないものに行くのは時間の無駄です。

社会人になってからの飲み会なんて基本「仕事の愚痴」か「しょうもない恋愛話」が大半を占めています。

まず、仕事の愚痴を言い合って、互いを慰め合う時間なんて何の解決策にもなっていませんし、しょうもない恋愛話を3〜4時間も費やして話す価値はありません。

なので、僕は誘われた時に「あ、終始仕事の愚痴だろうな。」とか「多分意味のない話ばかりだろうな」と感じた時は断るようにしています。

行かなくても人間関係は壊れない

そういうと、「断ってばかりだと人間関係悪くなりそう」と言ってくる人が必ず出てきます。

たしかに、断るばかりして人間関係が悪くなり、それが原因でストレス溜まったり悩みが増えると本末転倒になると思います。

でも、実体験ベースで話させてもらうと飲み会に行かなくても人間関係は壊れないことに気がつきました。

僕は社会人になって、かなーーーり飲み会を断ってきました。

そこまで仲良くない人から親友や会社の同僚まで、高頻度で誘いを断ってきたので、最終的に誘われる頻度もなくなりました。

けど、実際仲が悪くなったケースはありませんし、断ったことで生じるマイナス要因は今のところありません。

とはいえ、ただ断り続けているだけではなく、ふとした瞬間に声をかけることを意識しています。

例えば、会社ですれ違った時に自分から話しかけたり、高校や大学の友達にはインスタで投稿されたストーリーやTwitterの呟きにリプを送るなど…このようなあまり時間をとられない繋がりを意識するだけで、良好な関係性をキープできています。

飲み会を断って、人間関係が悪くなる要因は「断ったことで変に意識する自分自身に起因している」と考えているので、断った側(僕たち)が気にせず接することを意識すれば人間関係なんてよっぽどのことがない限り崩れないと思います。

あどまん
あどまん
飲み会が断れない理由の

「人間関係悪くなりそうだから」と「飲み会に誘われなくなるから」の2つに関しては解決できましたね。

というか、そもそも飲み会に誘われなくなるという不安を抱くこと自体がおかしいんですけどね。だって、誘われないことより断ることの方が嫌ですもん。

自分の好きなことに時間を費やしたいから

飲み会は3〜4時間ほどかかります。2次会まで行ってしまうと終電間近まで時間がかかってしまい、仕事と飲み会だけで1日が終わってしまいます。

僕はやりたいことや趣味が多くて、

  • ブログを書く
  • アニメや漫画が観たい
  • プロ野球中継が観たい
  • 読書を最低1時間読む習慣がある
  • 美容やガジェット系の情報収集がしたい

これらのことを仕事終わりにしたいと思っているので、無駄な飲み会に時間を割く暇なんてありません。

3〜4時間もあれば

  • 本を1冊読める
  • 漫画は10冊ほど読める
  • アニメは6〜8話観れる
  • プロ野球中継1試合観れる

ので、自分の行きたくない飲み会に参加することが、いかに時間を無駄にしているかがわかるかと思います。

かくいう僕は意志の弱い人間なので、無駄だと思ってる飲み会に行くとなんだかんだ楽しんで、2次会まで足を運んでしまいます。で、帰宅した後に後悔してしまうので、僕は初めの段階で断るようにしています。

お酒ばかり飲んでいたら太るから

お酒は太る筆頭格です。

ビール腹の社会人は多いですよね。僕の友達にもビール腹でお腹で出はじめた人が増えてきました。

僕は見た目も意識しており、太るのだけは勘弁なので、週に何度もお酒を飲むことなんて論外です。

飲み会ってお酒だけでなく揚げ物とかも多く、飲み会が多ければ多いほど太るので、僕は出来るだけ行かないようにしています。

そもそもお酒が好きじゃない

まぁ、これまでそれっぽいこと言ってきましたけど、シンプルにお酒が好きじゃないんですよね。

これがお酒が大好き!!とかだともしかすると行ってしまうかもしれません。

あどまん
あどまん
お酒が苦手で良かったぁ〜。

飲み会に行く頻度を減らして得たこと

僕も社会人になったばかりの頃は意味のない飲み会にも積極的に参加していました。

しかし、社会人2年目くらいから「面白くなさそう」とか、「終始仕事の愚痴で終わりそうだな」と感じた飲み会に行く頻度を減らしたことで自分の時間が増え、その時間を自己投資に費やしました。

飲み会を減らして得たこと

  • ブログ運営を始めた
  • 読書をする習慣が身についた
  • 投資に興味をもつようになった
  • 人の噂などに興味を持たなくなった

あどまん
あどまん
僕の場合は、ブログを書く、本を読む習慣を身につけたから飲み会を断るようになりました。飲み会の行く頻度を減らし、空いた時間をブログ運営や読書、投資などに時間を費やすことで副業でお金を稼ぐだけでなく、読書によって思考面の強化を図ることができました。

僕のように、目的を果たすためや趣味に時間を費やすために無駄な飲み会を減らす、と考えた方がより実行に移せそうですね。何事も目的がないと行動には移せませんから、読書やブログ、Yooutubeの動画制作などの趣味を見つけてみるのもいいかもしれませんね。

やっぱり行きたくない飲み会には行く必要はない!

頻繁に飲み会に行っている方は、それは本当に行きたくて行ってる飲み会ですか?

もし、行きたくない飲み会を断っても、きっと貴方が想定しているようなケースに陥ることはならないのでご安心ください。

行きたくない飲み会に貴重な時間を割くくらいなら、貴重な時間をやりたいことに費やすことを意識するようにしましょう。そうするとQOL(クオリティ オブ ライフ)が向上すると思います。

念のためにお伝えしておくと、あくまで「行きたくない飲み会」なのであって、自分が行きたい!恐らく生産性ないけど楽しそう!と思える飲み会なら行けばいいと思います。

あどまん
あどまん
僕も飲みに行くこと自体はそこまで嫌いなわけではなく、僕から誘うこともありますし、有益な時間を過ごせることも多いので行きたいと思える飲み会には積極的に参加します。あくまで行く必要のない飲み会は「行っても楽しくないだろうなと思う飲み会」だけです。2次会まで行くのは稀です。

意識高い人みたいなことを言ってしまいますが、時間は有限なので、自分にとって意味のあることだけに時間を割くようにしましょう。飲み会を断ることなんて何も怖くありません。では。