bybit(バイビット)の使い方・メリット・デメリットを徹底解説!

仮想通貨取引所はトレンドの入れ替わりが激しいです。

盛んに使われてた取引所が突然倒産してなくなったり、ハッキングされて評判を落としたりで新興取引所に取って代わられることもザラです。

今回紹介する仮想通貨デリバティブ専門取引所bybitは今は亡きBitMEXに代わり、BTCFXトレーダーの主戦場となっています。

あどまん
bybitの評判をTwitterで見る感じ
・海外取引所だけど日本語のサービスが充実している
・サーバーが優れているため遅延が起こりにくい。
・初心者も参加しやすいイベント多く実施している。
・口座開設が簡単ですぐに取引ができる。
・最初は胡散臭かったけど、市民権は得た。などのような評判が目立っていました。

そんなbybitはどのような特徴があるのかご紹介したいと思います。

bybit(バイビット)とは?

名称 bybit(バイビット)
設立 2018年
本拠地 シンガポール
取引種別 レバレッジ取引のみ(インバース無期限・USDT無期限・インバース先物)※1
最大レバレッジ 100倍
取引手数料 Maker:-0.025%(受取)/Taker:0.075%
日本語対応
スマホアプリ

※1 取引種別ごとのペアは以下になります。

インバース無期限の取り扱いペアと最大レバレッジ(4種類)
  1. BTCUSD×100
  2. ETHUSD×50
  3. EOSUSD×50
  4. XRPUSD×50
    USDT無期限の取り扱いペアと最大レバレッジ(11種類)
    1. BTCUSDT×100
    2. ETHUSDT×50
    3. BCHUSDT×50
    4. LTCUSDT×50
    5. XTZUSDT×25
    6. LINKUSDT×25
    7. ADAUSDT×25
    8. DOTUSDT×25
    9. UNIUSDT×25
    10. XRPUSDT×50
    11. XEMUSDT×25
      インバース型先物の取り扱いペアと最大レバレッジ(5種類)
      1. BTCUSD0625×100
      2. BTCUSD0924×100
      3. BTCUSD1231×100
      4. ETHUSD0625×50
      5. ETHUSD0924×50

        bybit(バイビット)とは、2018年に創設されたシンガポールに本社を置いている海外取引所です。

        仮想通貨のレバレッジ取引に特化しており現在ではレバレッジ取引メインのトレーダーの間では鉄板の取引所、かつてのbitmexの立ち位置を確立しています。

        あどまん
        取引ペアこそ少ないですが、手数料がBinanceやFTXなどの幅広いサービスを提供している取引所より圧倒的に安く、相場の急変時にも注文が確実に通ると評判です。
        仮想通貨FXをやるならもはや必須レベルの取引所ですのでまだの方はぜひ一度試してみてください。

          bybitの特徴

        • 最大100倍のレバレッジ
        • BinanceやFTXなどと比較しても圧倒的に安い手数料
        • 相場の急変時でも注文が安定して通る優秀なサーバー
        • 証拠金を仮想通貨にするかUSDTにするか選べる
        BTCや主要アルトのレバ取引は手数料が安くサーバーも強いbybitがおすすめです

        bybitを利用する7つのメリット

        ①サービスもサポートもすべて日本語に対応

        対応言語
        • 日本語
        • 英語
        • 中国語(簡体)
        • 中国語(繁体)
        • 韓国語
        • ロシア語
        • スペイン語
        • ベトナム語

        bybitは公式サイトもチャットサポートも日本語に対応しています。

        デリバティブ取引は現物に比べてはるかに仕組みが複雑なため、日本語化されてるかどうかは大きいです。

        公式サイトの翻訳の精度はかなり高く、チャットサポートは日本人が対応します。
        ただ対応してるというわけでなく、他の取引所とくらべてもかなり手厚いサポートです。

        あどまん
        Amazonの無名中国製品のような不自然な日本語が見られる取引所も多い中、これはありがたいです。

        ②スマホアプリが使いやすい

        bybitのスマホアプリはiOSとAndroidに対応しておりUIの評判も高いです。

        あどまん
        常にチャートに貼り付けるわけもないので、スマホさえあればどこでも取引できるというのは重要です。
        後述のサーバーの強さも相まっていつでも確実に注文ができます。
        この安心感は忖度なしにbybitだけですね。

        Bybit

        Bybit

        Bybit Fintech Limited無料posted withアプリーチ

        ③サーバーが優秀で遅延が起こりにくい

        サーバーが強く他の取引所がダウンするような急変時でも安定して注文が通る。

        これがbybitを使う最大のメリットです。

        bybitははじめ評価が低い取引所だったのですが、急変時のたびにサーバーの強さが話題になり、評価をひっくり返しました。

        多くのトレーダーは注文が通らなくて損切出来ずに大損という理不尽な経験をしているのでその心配が薄いとあれば評価が一気に上るのは当然の流れと言えます。

        あどまん
        bybitははじめ評価が低い取引所だったのですが、荒れ相場のたびにサーバーの強さが話題になり評価をひっくり返しました。
        多くのトレーダーは注文が通らなくて損切出来ずに大損という理不尽な経験をしているのでその心配が薄いとあれば評価が一気に上るのは当然の流れと言えます。

        ④支払いだけでなくもらえる手数料がある

        BybitではMaker手数料やFRなどのもらえる手数料があります。

        取引手数料

        取引ペアや取引の種類に関わらず以下で統一されています。

        Maker手数料 -0.025%(受取)
        Taker手数料 0.075%

          

        bybitでは指値注文をして板を作ると手数料がもらえます。

        あどまん
        つまり100万円分の指値注文した場合は250円もらえます。
        逆に成行注文した場合は750円支払いです。
        bybitは他の取引所と比べてもMakerとTakerの差が特に激しいです。
        極力指値注文で済ませるようにしましょう。
        Maker・Taker手数料
        取引手数料の種別。
        どちらになるのかは注文の際、板を作った(Make)か奪った(Take)かで変わる。
        指値注文をした場合は新しく板を出したことになるのでMaker。
        成行注文をした場合は既にある板と注文がマッチングして板が消えるのでTaker。
        基本的にMakerのほうが取引手数料が安い。bybitではもらえる。

        FR

        日本時間の1時・9時・17時の8時間おき1日3回FR支払いもしくは受取が発生します。

        いくら支払うのか、もらえるのかは、毎回変わるので都度確認する必要があります。

        次回FRの確認方法

        画面上のタブからトレードインバース無期限BTCUSD(確認したい通貨ペア)を選択してトレード画面に進んでください。

        画像の赤線で囲った部分に書いてある部分が次回のFRの予測です。

        あどまん
        画像では3時間55分29秒後に0.01%の手数料をロング保有者がショート保有者に支払う予定となっています。
        この時間にショートを持っていれば手数料がもらえます。
        過去のFR履歴の確認方法

        bybitの公式サイトよりインバース無期限基本データ資金調達率履歴とクリックしていくと一覧が並んでいます。

          

        過去の値動きや相場環境とFRを照らし合わせて、価格予測に役立てるのがベターです!
        相関関係などを探りましょう。
        FR(Funding Rate)
        資金調達率のこと。
        無期限取引で主に現物価格との乖離を是正するために設定されている。

        例えば強気相場の時にはロング(買い)が急増する。その場合ショート(売り)よりもロングの方が圧倒的に多くなるという状況が発生してしまい現物価格とFX価格に乖離が生まれる。

        この市場のバランスを整えるために

        ・ロングが多いときにはロンガーが手数料を払い・ショーターが貰う

        ・ショートが多いときにはショーターが手数料を払い・ロンガーが貰う

        と有利なポジションが不利なポジションに金利を支払うことで、この乖離を縮める。

        bybitでは日本時間の1時・9時・17時に支払い(受取)が発生する。
        bybitのインバース型先物は先物取引のためFRが発生しない。

         

        あどまん
        bybitで発生するすべての手数料について以下の記事にまとめていますので参考にしてください。

        関連記事bybitの手数料について徹底解説!

         bybitで両建てを駆使してローリスクでFRをもらう方法

        ⑤最大レバレッジ100倍かつ追証なし

        インバース無期限の取り扱いペアと最大レバレッジ(4種類)
        1. BTCUSD×100
        2. ETHUSD×50
        3. EOSUSD×50
        4. XRPUSD×50
          USDT無期限の取り扱いペアと最大レバレッジ(11種類)
          1. BTCUSDT×100
          2. ETHUSDT×50
          3. BCHUSDT×50
          4. LTCUSDT×50
          5. XTZUSDT×25
          6. LINKUSDT×25
          7. ADAUSDT×25
          8. DOTUSDT×25
          9. UNIUSDT×25
          10. XRPUSDT×50
          11. XEMUSDT×25
            インバース型先物の取り扱いペアと最大レバレッジ(5種類)
            1. BTCUSD0625×100
            2. BTCUSD0924×100
            3. BTCUSD1231×100
            4. ETHUSD0625×50
            5. ETHUSD0924×50

            bybitは1~100倍でレバレッジを細かく設定できます。

            相場環境や自分の資産などに合わせて設定することで立ち回りに幅が出ます。

            最大レバレッジは取引の種別と通貨ペアによって異なるので注意が必要です。

            あどまん
            またハイレバレッジは便利ですが、瞬間的な暴騰・暴落に巻き込まれると一瞬でとんでもない額の損失を出す危険性があります。
            こうした場合、国内取引所では追証が発生して借金となる可能性が高いです。
            bybitはゼロカットシステムを採用しているため借金になるリスクがありません。
            ゼロカットシステム
            相場の急変時にロスカットが発生して証拠金以上の損失が出た場合でも取引所がその差分を負担してくれるシステムです。
            証拠金以上の額を請求されないので追証のように借金になることはありません。

            ⑥相互保険がある

            相互保険とは、相場変動による損失を回避するためのリスク管理ツールです。

            相互保険には2時間、12時間、48時間の3種類があり、相互保険有効期限内に発生した損失に対して補償金を受け取れます。

            あどまん
            このような保険サービスも備わっているのは非常にありがたいですね。

            ⑦外部サービスを利用してコピートレードができる

            bybitはBitCopy(ビットコピー)というコピートレードができるサービスと提携しています。

            そのため、FXが苦手な方でもbybitに資金を入れて、BitCopy上でトレーダーをフォローすると自動で取引がされます。

            あどまん
            僕もBitCopyを使って自動売買を活用しています。
            下げ相場でも資金を増やす方法がないか考えたときにコピートレードも選択肢の1つとしてアリだなと思いました。
            ぜひ、記事を参考にして試してみてください。

            bybitを利用するデメリット

            ①現物やオプション取引は取り扱っていない

            byibtは仮想通貨FXに特化したデリバティブ取引所のため、現物取引やオプション取引などは対応していません。

            そのため、ビットコインやアルトコインを現物取引したい場合は、FTXをオススメします。

            ②bybitは出金できる時間が決まっている

            bybitは出金できる時間が決まっています。

            出金処理の時間:1日3回(日本時間の1時・9時・17時)

            それは、ユーザーの利便性よりも安全性を優先していることが理由のようですね。

            あどまん
            早く出金したい場合にこのタイムラグが発生してしまうのは少しやりづらさを感じてしまいますね。
            ただ、安全性を優先してのことなので目を瞑りましょう。

            bybit(バイビット)主導のガバナンストークン「BitDAO」ローンチ予定

            bybitにはBINANCEやFTXのような取引所トークンを取り扱っていませんでした。

            しかし、2021年についにbybitに関連するトークンがローンチ予定になります。

            その名も「BitDAO(BIT)

            BitDAOはbybitが主導となるDAO(自律分散型組織)のトークンで、2億3千万ドル以上の資金調達を完了したことで話題になりました。

            あくまでBITはbybitの取引所トークンではなく、BitDAOというプロトコルのガバナンストークンという位置付けであるということは気をつけておきましょう。

            まだ上場していませんが、今後はbybitに上場する可能性も非常に高いため、注目しておきましょう。

            BybitがDeFiへ参入!?BitDAO(BIT Token)について徹底解説ではBitDAOに関する解説をしているため、興味ある方はぜひ参考にしてみてください。

            あどまん
            BitDAOは個人的に非常に注目しているプロジェクトです。
            あのbybitが主導でDeFi領域に参戦したことや、資金調達に参加したベンチャキャピタルーや有名投資家のラインナップを見る感じ期待感が現れています。
            これまでのDAOプロジェクトの中ではずば抜けてモンスター級であることからDeFiを触れてる人だけでなく、FXをメインに触れてる人も注目しておくべきプロジェクトです。

            bybit(バイビット)まとめ

            まとめ

            • サービスとサポートもすべて日本語に対応している
            • アプリの評価が高い
            • サーバーが優秀で安定して注文が通る
            • 手数料がもらえることがある
            • 相互保険が容易されておりリスクが抑えられている
            • デリバティブ取引しか取り扱いがない
            • 出金できる時間が日本時間の1時・9時・17時に限定されている。

            bybitにはサーバーの強さを始めとする様々なメリットがあります。

            サービス開始直後イメージの悪さから低かった評価をサービス内容で覆していって今ではBTCFXをするなら欠かせない取引所という位置づけまでこぎつけています。

            使う上での大きなデメリットもありませんので、レバ取引に興味がある人はぜひ一度試してみてください。

            BTCや主要アルトのレバ取引は手数料が安くサーバーも強いbybitがおすすめです