AvalancheNetworkの始め方を解説!!入金からスワップやファーミングするまで徹底解説

Defiブームがさらに加速していますね。

ERC・Solona・Polygon(旧Matic Network)・BinanceSmartChainのネイティブトークンやそれらの主要DEXのガバナンストークン(CAKEなど)は軒並み大きな上昇を見せています。

そんな中で個人的に注目しているのが

AvalancheNetworkの主要DEXであるPangolinのガバナンストークンPNGです。

AvalancheNetworkは利用するまでの手順がかなりややこしいこともあって日本ではまだほとんど話題になっていません。

そこで今回はAvalancheNetworkやPangolinの使い方をわかりやすく解説します。

ややこしいからこそ買いにくく、それが参入障壁になってくれています。

逆手にとって今のうちに行動しましょう!!

早速Telegramチャンネルも作ってみました。興味が出た方は気軽に参加してください。

 

Avalanche Network(アバランチネットワーク)とは

AvalancheNetworkはDefiのためのプラットフォームです。

用途によってX・P・Cの3つのチェーンを使い分けたり、トランザクションの処理が爆速なことが特徴として挙げられます。

あどまん
僕が投資先として注目しているのは技術的な面以外のところが主です。
ぶっちゃけると純粋に新たな遊び場(魔界)として期待してます。

AvalancheNetworkに注目している主な理由

・Solonaなど他のチェーンに比べて低時価総額のプロジェクトが多く伸びしろが期待できる
・ファーミングのAPYが全体的に高いためBSC魔界と似てる傾向あり
・ローンチパッド系のプロジェクトが上場間近(現在のIDOブームが完全な追い風)

こうした要素や相場の状況から肌感ではありますがBinanceSmartChainの初期段階と非常に似た雰囲気を感じています。

AvalancheNetworkの中でもメインAMMであるPangolinのガバナンストークンPNGは鉄板ではないかと見ていてそれで大本命とツイートした次第です。

チャートも僕が大好きなフライパン型です。

あどまん

この記事ではいろんな単語が出てきます。

非常にややこしいのでここでしっかり整理しましょう。

・AvalancheNetwork→チェーンの名前。BinanceSmartChainやPolygonNetworkのようなAvalanche独自のチェーン。
・AVAX→AvalancheNetworkにおけるネイティブトークン。BinanceSmartChainでいうBNBに当たる。
・Pangolin→AvalancheNetworkで使われているDEX(分散型取引所)。BinanceSmartChainでいうSushiSwapやPancakeSwapに当たる。
・PNG→Pangolinにおけるガバナンストークン。PancakeSwapでいうCAKEに当たる。

 

AvalancheNetworkの始め方〜MetamaskにAVAXを入金するまで〜

AvalancheNetworkは始めるまでの準備が正直かなりややこしいです。

これが現状これが参入障壁になっています。

しかし簡単になればなるほど誰でも買える状況になるので今が周りより先に仕込む絶好のチャンスでもあります。一緒にがんばりましょう。


以前始め方をツイートしましたがそれだけではわからない方も多かったようなので、今回はツイートを基に画像つきで解説します!!

 

①Binanceで AVAX を購入

まずは基軸通貨であるAVAXを用意しましょう。BinanceやBitfinexなどで取り扱いがあります。

Binanceの場合、最低送金金額が0.1AVAXですので0.1AVAX以上は購入するようにしてください。

あどまん
人気が過熱したNetworkのネイティブトークンは、パンクを防ぐためかメンテナンスによって取引所から一時的に出金できなくなることが多いです。
最近だとBinanceにてFantomの出金が数日止められていました。
あまり煽ることを言いたくないのですが流行ってから入金しようとしても手遅れになる可能性が高いことは覚えておいて損はないです。
仮に間に合うとしても焦ると送金ミスにつながりますので使い方だけでも実際に触って把握しておくことを勧めます。

②Avalanche Walletへ送金

用意したAVAXはいきなりMetamaskに送らないようにしてください!BinanceからAvalancheWalletに直接送金です!!

魔界に慣れてくると「とりあえずMetamaskに送ってそこからスワップするんでしょ?」と思いがちなので気をつけてください!!!

 

AvalancheWalletをまだ作成されていない方はこちらから作成が必要です。作り方を説明します。

 

まず右上で言語を選択できるので日本語に変更しましょう。

今回は新規作成なので右側の「新規ウォレットの作成」をクリックしてください。

 

 

キーフレーズの発行に移ります。「キーフレーズの生成」をクリックしてください。

 

 

 

キーフレーズが黄色部分に表示されます。絶対に流出・紛失しないように保存管理しましょう。

完了したら右下のチェックボックスにチェックを入れて「ウォレットにアクセス」をクリックしてください。

 

 

ニーモニックフレーズの入力を求められます。

単語が変わっていますが先程保存したキーフレーズのことです。

キーフレーズを入力して「VERIFY」をクリックしてください。

 

これでウォレットの作成は完了です!!「ウォレットにアクセス」をクリックしてください。

このまま入金方法の説明に移ります。

 

右上に表示されているアドレス宛にBinanceから送金します。

あどまん
この時アドレスの下に表示されている「X・P・C」のからXを選択することを絶対に忘れないでください!!!
またこのアドレスは一回送金するごとに別のものになるのでその点も注意してください。毎回舐めるように確認しましょう。

 

Binance側の送金の際の画面です。
アドレス・ネットワーク・合計額を間違えないように気を付けましょう。
初回は最低入金額である0.1AVAXでテスト送金するのがおすすめです。

 

 

この時は3分ほどで反映されました。

③Avalanche WalletでXchain→Cchainへ変換

次はMetamaskに追加するためにAVAXのチェーンをXchainからCchainに変換します。

 

 

左にある「Cross Chain」の項目から「Source Chain」「Destination Chain」「転送額」を入力します。
「Source Chain(変換元)」は「X Chain」、「Destination Chain(変換先)」は「C Chain」を選択してください。

内容に間違いがないかをチェックして問題がなければ「確認」をクリックしてください。

 

 

赤線部の「Balance」の数字がXからCに移動していれば成功です。

 

※まれにチェーンの転送に失敗して反映されないままになることがあります。

その場合はこの方と同じ様に対応していただければOKです!!

 

あどまん
もう何百何千と送金やスワップを繰り返してますが毎回めちゃくちゃ緊張します。
反映されない時って本当にドキドキしますよね。
こういうトラブルもあるので初回は必ず少額でテストするようにしましょう。
すぐに解決できるとは限りませんので。

④MetamaskにAvalanche Networkを追加する。

次はMetamaskにAvalancheNetworkを追加します。

追加しておかないと送金しても送ったAVAXがMetamask上に反映されません。

 

右上の丸いアイコンから設定→ネットワーク→ネットワークの追加と進んでください。

 

 

各項目を画像と同じ用に埋めてください。以下そのままコピペでOKです。

メタマスクの設定

・Network Name: Avalanche C-Chain
・New RPC URL: https://t.co/gDonf3BOMp
・ChainID: 0xa86a
・Symbol: AVAX
・Explorer: https://t.co/JRRBkJ7suu

 

Avalanche NetworkがMetamaskに追加されました。

超便利ツール「chainlist」も活用しよう

chainlist.orgは、いちいち各項目をコピペする必要がなく、「AVAX」or 「Avalanche」で検索して設定するだけでご自身のメタマスクでAvalanche Chainが使えるようになるオススメツールです。

これはAVAXに限らずその他チェーンも設定可能なので、ブックマークしておいて損はないです。

⑤Avalanche WalletからMetamaskへ送金

 

 

 

左にある送信の項目から「SourceChain」「Amount」「宛先」を入力します。

「SourceChain」はCを選んでください。

完了したら「CONFIRM」をクリックします。何回か確認が入りますのでその都度クリックしてください。

 

 

押した瞬間にMetamaskに即反映されました。非常に速いです。

これでようやくAvalancheNetworkのDAppsが使えます。

AvalancheNetworkの使い方〜Pangolinで実際にスワップしてみよう〜

使い方の解説に移ります。

今回はAvalancheNetworkの主要DEXであるPangolinでAVAXをPNGにスワップしてみます。

Uniswapなどの他のDEXとUIはほぼ同じですので慣れている方にとっては簡単です。

まずPangolinにアクセスしてください。

 

右上から「Connect to a wallet」をクリックしてください。

 

「Metamask」をクリックします。

接続するアカウントを選んで「次へ」をクリックします。確認が求められますので更に次へ進んでください。

 

右上を見て接続が確認できたら、スワップ元のスワップ先の銘柄と数量を入力します。

内容に間違いがなければ「Swap」をクリックしてください。

 

スワップ内容の詳細が出てきます。念の為もう一度確認してから「Confirm Swap」をクリックしてください。

Metamask側でも確認を求められますので承認してください。

スワップが完了しました。「Close」すると残高が反映されているのがわかります。

おまけ

mark.ioというBinanceSmartChainにおけるZapperのような資金管理ツールが既に存在します。

使わないとどれにいくら投資しててどのくらいファーミングしているのかなどが把握しづらいのでぜひ活用しましょう。

こうした便利なツールやトラブルの対処法などは積極的にTelegramチャンネルで共有していきます。

AvalancheNetworkまとめ

まとめ

・Defiの新たなプラットフォーム
・さまざまな面から次に流行る魔界として期待できる
・中でもメインAMMであるPangolinのガバナンストークンPGNが個人的な大本命
・利用するまでがかなりややこしく参入障壁になっている今こそ逆にチャンス
・ややこしいので失敗した時のために初回はかならず少額でテストする
・資金管理にはmark.ioがおすすめ
・まだ情報が少ないのでわからないことやトラブルの際はぜひAvalanche魔界冒険隊まで

BSCやSolonaの過熱ぶりを見るにとうとうERC以外のチェーンも皆が気軽に触る存在になってきましたね。

嬉しいことですが、先行者利益はだいぶ薄れてきたように思います。

そんな中まだAvalancheNetworkは人が入ってきていないのでチャンスが眠ってると見て僕は一足先に探索しています。
僕は詳しい人がほぼいない段階でみんなで情報共有して手探りで開拓していくのが冒険感あって大好きなんですよね。

UniSwapなどにも慣れてきてしまった中、久々にワクワクできています。
共感してくれるあなたの参戦をお待ちしてます!!